スポンサーサイト

2013.06.20 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    英語ぺらぺら君の英語耳勉強法

    2013.06.20 Thursday

    0


      リスニング教材は飽きるほど聞き続けてきたものの、英語が身につく実感がなく、話せる自信がまるでわいてこない状態だったとしても、
      困っている外国人を見ると英語でサポートをしてあげたくなるほど、日本語のように英語をすらすら操れるようになる方法がこちら



      あなたも自分が普段使っている会話の内容を思い返してみると良くわかると思うのですが、

      似たようなフレーズをちょっと表現を変えて繰り返し使っていることがわかる思います。


      英会話でも同様に、同じようなパターンをちょっと変えるだけでさまざまな表現ができるようになり、

      そのパターンを覚えて繰り返し練習をすることで、思いがけないほどスムーズに英会話の勉強が進むようになります。


      英会話のゴールとは、外人と英語でコミュニケーションをとることですから、あなたも彼らが良く使っているフレーズを中心に、

      繰り返し質問に答える形でレッスンをしていくことで、↓のようになることは、意外なほど簡単だったことに気づくはずです。



      言葉の壁を越えることができる

      英語ができることに自分で自信が持てるようになる

      英語の苦手意識がすっぽりとなくなる

      最後まで聞かなくても相手の英会話のポイントをつかめる



      石井あきらさんの英語ぺらぺら君は、矢継ぎ早に繰り出される質問に次々と答えていく「クエッショニング」という方法で、

      英会話を身に着けていくリスニング教材で、1日20分程度のレッスンを続けるだけで30日後には、

      日常会話を英語で済ませられるだけの実力を身に着けることが出来ます。



      石井あきらさんとはちなみに、英語を身に着けたいと思うものの、全く英語が話せずに大変な苦労をした経験の持ち主で、

      英会話スクールに通ってみたものの英語がさっぱりできるようにならずに挫折。


      さらに、一念発起してアメリカで留学までしたにもかかわらず、やっぱり英会話が身につかずに大きな挫折を味わいます。


      ある時期には英語があまりにも通じないことから、対人恐怖症にまで陥ってしまったほどなのですが、

      彼が飛躍的に英会話力を伸ばすきかっけとなったのは、英語ぺらぺら君にあるように、質問にこたえていくという簡単なやり方でした。


      私たちはそもそも、英語で何かを表現することに根本的に慣れていないので、まずはその点を克服しなければ、英会話なんて話せるようにはなりません。


      石井あきらさんの英語ぺらぺら君では、クエッショニングを通じて自分の考えを半強制的に英語で表現していきますので、

      否が応でも英語を話さなければいけず、結果として英会話力を鍛えていくことが出来ます。


      難しい文法とか膨大な英単語なんか覚え続けなくても英会話がすらすらできるようになる石井あきらの英語ぺらぺら君の特徴をこちらでも詳しく紹介をしています。




      JUGEMテーマ:英会話


      英語ぺらぺら君で英会話 初心者 独学

      2013.06.20 Thursday

      0


        書店に行くと「旅行で使えるフレーズ集」であったり「日常英会話フレーズ○個」みたいなものが並んでいますが、

        こうした参考書に掲載されているフレーズは、使えそうな場面は多いように感じるものの、実際にはほとんど使うシーンがあらわることはありません。


        こうした参考書の致命的な弱点は「応用を効かせにくい」ことで、想定されたシーンにぴったり合った状況でなければ使えないものばかりです。


        さらにひどいことに、参考書の中には英語表現的にあまり適していない言い回しを採用しているもの多く、間違った英語の知識が身についてしまう恐れもあるのですが、

        石井あきらさんの英語ぺらぺら君は、ブッシュ大統領などアメリカの歴代大統領を通訳を務めていた小谷啓さんが監修を行っていますので、

        少なくとも、文章表現であったり、文法的に間違いを含んでいる可能性は限りなくゼロに近い状態に仕上げられています。




        英語ぺらぺら君で用意されている質問は、日常英会話でよく使われるフレーズが中心となっていて、

        実際の外人との会話でありがちな質問と回答を繰り返していくことになります。


        質問と返事を何度も繰り返すというこのやり方は、場合によっては無駄な作業を繰り返しているだけじゃないか??という錯覚に襲われてしまいがちですが、

        繰り返せば繰り返すほど、反射的に英語のフレーズを理解できるようになっていくので、よりスムーズに回答の方に集中をすることが出来ます。


        石井あきらの英語ぺらぺら君は、ただ聞き流すだけのリスニング教材に比べて、負担はかなり大きくなるし、

        いつでもどこでも実践できるわけでもありませんが、手ごたえをどんどん強く持てるのが特徴で、

        話す力(スピーキング)だけではなく、聞く力(リスニング)も同時に養っていくことが出来ます。


        ちなみに、英語ぺらぺら君では必ずしも正しい英語の発音が身につく保証はないものの、

        言葉は相手にあなたの考えを理解させることが重要なわけですから、ちょっとくらい発音が間違っていても、

        英会話でコミュニケーションをとることにはそれほど差支えがあるわけではありません。


        ↓のような悩みも、あなたが考えているよりもずっとずっと簡単に解消していくことが出来ますよ。



        ■CDを聞いても、翌日にはすっかり忘れている

        ■話せるようになりたいと言う気持ちはあるけれど、何をどうして良いのか全くわからない

        ■英語を話せる自分がまるで現実味がない

        発音記号が読めない



        あなたも、英語習得のためにこれ以上の無駄なお金や時間を費やしてしまう前に、

        乾いたスポンジが水を吸うように英語の知識が頭の中に入り始め、英語が話せる日本人として周囲から頼りにされていませんか??





        石井あきらさんの英語ぺらぺら君で、英語の苦手意識に頭を痛めるのは今日で終わりにして、海外に一人旅をしてみたくなるほどの英語力を身に着けるにはこちら






        1